あなたは債務整理の条件を満たしていますか?【債務整理ナビ】

あなたは債務整理の条件を満たしていますか?【債務整理ナビ】

あなたは債務整理の条件を満たしていますか?【債務整理ナビ】

返済ができない借金を抱えてしまったときに、有効な解決策としては債務整理を行う方法があります。
債務整理をすることで、債務者の状況に応じて借金額が減額されたり、返済について猶予を与えてもらえたり、大きなメリットが受けられます。
ただし、債務整理は誰でも無条件で行えるものではなくて、手続きによって裁判所などの公的な機関を利用しなければなりませんので、手続きを完了させるための条件を把握しておくことは重要です。
債務整理の中で手続きを行いやすいものとして、裁判所を経由しなくても行える任意整理があります。
任意整理とは債務者と債権者がお互いに話し合いをすることで、借金額の減額をする手続きになります。
任意整理では貸金業者と交渉を行う必要がありますので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが一般的と言えます。
任意整理には条件はありませんので、多くの借金を抱えている人が行いやすい手続きと言って良いでしょう。
手続きが完了したときでも、全ての借金が無くなるわけではなくて、一部の残された借金について3年程度の期間で返済していく必要がありますので、収入を得ている人でなければできない条件となります。
同じような条件として、個人再生をする場合にも残された借金の返済を行うために、収入を得ている人でなければ手続きが認められないことになります。
個人再生の場合には強行法規として、住宅ローン以外の借金額が5000万円を超えているときには認められないという条件もあります。