債務整理のデメリット※実際に不便になることってどんなこと?

債務整理のデメリット※実際に不便になることってどんなこと?

債務整理のデメリット※実際に不便になることってどんなこと?

債務整理をすると、ブラックリストに登録されるというデメリットがあります。ブラックリストとは、信用情報機関が扱う情報を指します。簡単に言うと、債務整理をすれば、その後は借金ができなくなります。たとえば、若いときにクレジットカードを使いすぎて自己破産したとすると、その後になって住宅ローンを組もうと思っても組むことができなくなります。このようなことになってから後悔するようなことの内容に、先にデメリットについてはきちんと把握しておくべきですし、そのための情報は集めておきましょう。

ブラックリストに登録されるというデメリットは英会陰に続くものではありません。自己破産の場合には、7年から10年で情報が消去されますから、その後は借りることができるようになります。個人再生の場合には7年から10年で、任意整理の場合には約5年です。期間がありますから永遠ではありませんが、それでもかなり長い期間ですからそれでもかなり長い期間ですから、で目利とは大きいと言わざるを得ないでしょう。

なお、債務整理を行うことによってこのようなデメリットが生じるのは本人だけです。家族もその後は借りられなくなると言われるようなこともありますし、家族は選挙権がなくなってしまうと言った根も葉もない噂も流れていますが、このようなことはありません。債務整理を行うことによってブラックリストに登録されるのは、債務整理を行った本人だけですから、家族は恐れる必要はありません。